HOME  |

タイ王国都市情報

バンコク基本情報

プロフィール

タイ王国の首都であり、国民6,300万人のうち800万人が住む大都市です。
バンコクの正式名称は非常に長く、タイ人は略してクルンテープ「天使の都」と呼んでいます。
正式名称は、ラマ1世が遷都の際に名付けたもので「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」です。
バンコクの名前の由来は、「オリーブの木のある水辺の村」を意味するバーンマコークからきています。
首都としてのバンコクは、1782年にラマ1世がそれまで都としていたトンブリーからチャオプラヤー川対岸に遷都したことにより始まり、歴史は230年弱と比較的新しい街です。
いにしえの香りを漂わせる伝統建築と高層ビルが織りなすこの街は、いつも活気にあふれ、歩くたびに新しい発見に満ちています。
超高級ホテルからバックパッカー向けのゲストハウスまでホテルのグレードは幅広く一通り揃っており、年間を通して多くの観光客やビジネス客が世界中から訪れるとても賑やかな街です。
観光スポットは王宮・寺院・水上マーケット・ウィークエンドマーケット・チャイナタウン・大型デパートなどなど、夜はタイの文化に触れることができるタイ舞踊のショー、ディナークルーズ、ニューハーフショー等、夜遊びスポットも充実していて見所は満載です。
また旅の疲れを癒してくれるタイ式トラディッショナル・マッサージ、女性の方に人気のエステ・スパ、お子様にはテーマパークもおすすめです。

気候

タイは熱帯気候に属し、年間を通じて気温と湿度が高いです。日焼け対策は常に万全にして出掛けましょう。
旅の服装としては、日本の夏服が基本となります。ただし、ホテルやレストランなどでは、冷房が効きすぎていることも多いのでジャケットやカーディガンなど羽織れるものを持っていくことをお勧めします。

バンコク気候

▲このページの先頭へ

交通機関

■スカイトレイン(BTS/高架鉄道)

1999年12月に開通したスカイトレイン(BTS)は、スクンビット線とシーロム線からなり、2つの線はサイアム駅で乗り換えができます。
運行時間は6:00〜24:00で、約5〜10分間隔で運行しています。
料金はゾーン制で、1回券のほか、1日乗り放題のワンデイパスやプリペイド式のラビットカードなども販売されています。

スカイトレイン(BTS)
■地下鉄(MRT)

2004年7月にスカイトレインに続いて開通し、シーロム駅でBTSシーロム線のサラデーン駅と、BTSスクンビット線とはスクンビット駅でアソーク駅、チャトゥチャック駅でモーチット駅と連絡しています。
地下鉄とスカイトレイン(BTS)では、連絡していても駅名称が異なるので注意しましょう。
運行時間は6:00〜24:00で、約5〜10分間隔で運行しています。

※スカイトレイン・地下鉄の駅構内、車内では飲食、喫煙禁止となっておりますので、お気を付けください。

スカイトレイン(BTS)&地下鉄(MRT)路線図

■タクシー

乗る際は、ドアは自動ではないので自分で開け、目的地を告げてから乗り込むようにしましょう。 運転手によっては場所がわからずに断られるケースもありますが、タクシーはたくさんいるので聞いて周りましょう。 時間帯や場所によっては、複雑な道路規制のため遠回りをしなければいけないこともあります。
また、お釣りを用意していないタクシーも多いため、トラブルを避けるためにも小額紙幣を用意しておきましょう。
(多少のお釣りはチップとして運転手さんにあげましょう)

タクシー
■バス

バスは一般市民の重要な移動手段であり、市街の至る所を走っています。
ルートは複雑でかつ行先がほとんど表示されていないため把握することは難しいですが、まずはバス路線図を入手して現在地と目的地を確認してみましょう。
料金は、高額紙幣しか持っていないとお釣りが出ないことも多いため、小銭を持って乗るようにし、車掌が乗っているバスは車掌が回収に来るので渡しましょう。

■トゥクトゥク

三輪タクシーは、風を感じながら乗ることが出来るタイらしい乗り物として観光客に人気があります。
料金は完全交渉制で、タクシーの2、3割増し程度が目安です。乗る前に行先を告げて料金確認をしましょう。

トゥクトゥク
■水上交通

地元の人々の間の重要な足である水上交通はチャオプラヤー川を縦断しています。
渋滞もなくうまく使いこなせれることが出来れば大変便利です。
中でも代表的なのは、チャオプラヤー・エクスプレス(ルア・ドゥアン)で、リバーサイドの高級ホテルや観光名所も船から見えるので楽しみの一つです。

ノンタブリー県

ノンタブリー県

▲このページの先頭へ

観光地

王宮周辺エリア

チャオプラヤー川とバンランプー川に挟まれたエリアで、王宮や行政機関が置かれているバンコク発祥の地です。
王宮や王室守護寺院、政府機関や大学などが並ぶ中心地です。観光エリアの定番エリアで見逃せないスポットが目白押しです。


■ワット・プラケーオ

ワット・プラケーオ 本堂にエメラルド色の仏像を祀ってあることから別名「エメラルド寺院」とも呼ばれています。唯一、僧侶のいない寺院としても有名です。タイ王室の守護寺院であり最も格式の高い寺院です。その為、入場時には服装チェックが行われ、バックベルトのないサンダルやショートパンツ、露出の多い服装の場合は入場することができませんが、その際は服を貸してくれますので礼をもって見学しましょう。服を借りる場合は、デポジットとしてパスポートかクレジットカード、もしくは100バーツの現金を預けます。服の返却とともにそれらも返却されます。

■王宮

王宮 ワット・プラケーオと同じ敷地内にあり、現ラッタナーコーシン王朝を開いたラマ1世が建造しました。中でもタイとヨーロッパの建築が混合したチャクリー・マハ・プラサート宮殿は必見です。前国王ラマ8世までの歴代王族が住んでいましたが、現在は主に祭典の場として使用されています。

■ワット・ポー

ワット・ポー 全長46m、高さ15mもある表面を金箔で覆われている巨大寝釈迦仏(涅槃仏)を安置していることから「涅槃仏寺」とも呼ばれています。幅5m、高さ3mの足の裏も見所の一つで、足の裏が平らなのは仏の慈悲の平等さを表しています。また足の裏には螺鈿細工で描かれた108の絵があり、バラモン教から生まれた仏教の宇宙観を表現しています。
境内にはタイ式マッサージの学校があり、本格的マッサージも受けられるので疲れた足をほぐしてもらいましょう。

■ワット・アルン

ワット・アルン チャオプラヤー川のほとりに建つ高さ81mの巨大な仏塔で有名な寺院です。タイ語で「暁の寺」と呼ばれるように、夕陽を背景にしたシルエットが美しく存在感があります。三島由紀夫の小説「暁の寺」として日本でもよく知られた人気の高い寺院です。寺の創建はアユタヤ時代で前トンブリー王朝時代に規模が拡大していきました。当時はまだ「ワット・チェーン」夜明けの寺と呼ばれ、ワット・アルンになったのはラマ4世の時代です。

■ワット・スタット

ワット・スタット 1807年にラマ1世が建立した王宮寺院で、完成したのはラマ3世の時代です。スコータイ王朝を代表する高さ8mのサッカナムニー仏が礼拝堂に安置されています。ワット・スタットの正面にある赤い鳥居のように見えるのは、サオ・チンチャーと呼ばれる巨大なブランコの支柱です。毎年陰暦2月にバラモン教の神・シヴァを讃えるために、ロープで吊るされたブランコに乗って儀式を行っていました。しかし、あまりにも危険で事故が多発した為、ラマ7世が禁じたということです。

▲このページの先頭へ

ドゥシットエリア

ラマ5世が開発したエリアで王宮周辺エリアの隣です。


■ウィマンメーク宮殿

ウィマンメーク宮殿 ラマ5世が建造した別邸で、3階建ての総チーク材造りとしては世界最大級です。ウィマンメークは「雲の上」という意味があります。宮殿内部は博物館として一般公開され、王家の調度品や食器、財宝が展示されています。
単独見学はしていないので、英語かタイ語のガイドツアーに参加する必要があります。所要時間は約45分です。ノースリーブやハーフパンツでの入場はできませんので注意しましょう。

■ワット・インタラウィハーン

ワット・インタラウィハーン アユタヤ時代後期の1867年に建立されたこの寺院は、高さ32mのルアン・ポー・トーと呼ばれる立仏像が安置されています。仏像の頭部にはスリランカから運ばれた仏舎利が祀られています。

▲このページの先頭へ

サイアムエリア


■バイヨーク・スカイ回転展望台

バイヨークスカイ回転展望台 タイで一番背の高いバイヨーク・スカイホテルの最上階は展望フロアとなっています。屋外の回転する展望台でバンコク市内を見渡すことができます。

▲このページの先頭へ

その他エリア


■ウィークエンドマーケット

ウィークエンドマーケット 毎週土日に、バンコク市内の北にあるチャトゥチャック公園で開かれる超巨大マーケットです。まるで迷路のようなマーケット内では、キャンドルやお香、日用雑貨や洋服、アクセサリーや植木など様々なものが売られています。案内所で無料マップをもらえるので片手に持って回りましょう。見ているだけでも楽しめるので歩き疲れたらスイカジュースでも買って一休みしましょう。気に入ったアイテムがあったらまとめて買うと値切り幅も大きいですよ。

▲このページの先頭へ

ショッピング

マーブンクロンセンター

マーブンクロンセンター

サイアムパラゴン

サイアムパラゴン

セントラルワールドプラザ

セントラルワールドプラザ

伊勢丹

伊勢丹

ゲイソーン

ゲイソーン

エンポリアム

エンポリアム

▲このページの先頭へ

イベント

■1月:カウントダウン
12月31日〜1月1日はバンコクの主要なところで新年を祝います。花火が打ち上げられ光と音楽のショーなどの催しものが行われます。
■1月:バンコク国際映画祭
約10日間ほど行われます。世界各国からの映画の上映、イベント、セミナー、ワークショップなどが行われます。
■11月:バンコクマラソン
王宮広場近くで行われます。種目はフルマラソン、車いすマラソン、ハーフマラソン、ファンマラソン、などがあります。

▲このページの先頭へ

※情報は変更になっている場合があります。最新の詳細はお問合せ下さい。

バンコクに行くツアー検索

  • 成田発バンコク行きツアー
  • 羽田発バンコク行きツアー
  • 名古屋発バンコク行きツアー
  • 大阪発バンコク行きツアー
  • 福岡発バンコク行きツアー

▲このページの先頭へ